• ホーム
  • クラミジア治療薬のアジーはいくらで買えるの?販売価格をご紹介

クラミジア治療薬のアジーはいくらで買えるの?販売価格をご紹介

男性と話している医者

アジーはジスロマックのジェネリック医薬品のため、主成分はマクロライド系のアジスロマイシンです。ジスロマックのジェネリックは国内外で数多く製造されていますが、アジーはその中で特に人気が高いと言われています。製造はインドのシプラ社が行なっており、この製薬会社はジェネリック医薬品で世界的に定評があります。

アジーには250mg錠・500mg錠・1,000mg錠がありますが、アジスロマイシンにおけるクラミジアの治療には1,000mgの投与が有効とされています。そのことから、アジーにおいては1,000mg錠がおすすめされます。

成人のクラミジア治療向けとして国内製造されているジェネリックは250mg錠しかありません。安全性を考慮してのことですので、国内製造されたジェネリックの成人向けクラミジア治療薬は基本的に1回4錠の服用法になります。アジーは1,000mg錠であれば1回服用で良いため、その簡易性も人気の理由です。

アジーなどのジスロマックの国内製ジェネリックは、1錠あたり108円?127円程の価格設定になっています。ジスロマックは1錠あたり246円程の価格のため、アジーなどのジェネリックを選択することで約半額の処方代になります。しかし、病院やクリニックで薬を処方してもらうためには診察を受ける必要があります。

診療の際は診察料がかかり、人によっては通院費(交通費など)も必要になるでしょう。そして、場合により検査費がかかることもあります。診察料は約3,000円ですので、処方代および薬代にプラスして3,000円以上はかかることが推測されます。そのため、初回(確かな病名を特定するための受診)以降は処方箋ではなく通販で購入することをおすすめします。

海外製医薬品を代わりに輸入してくれる輸入代行サイトを使えば、アジー1,000mg錠を入手することができます。また、250mgや500mgのタイプも購入可能です。通販価格の相場は1錠あたり1,980円となっているため、錠単価で見れば日本製ジェネリックの方が安価ですが、診察料などの費用もプラスされると考えれば通販価格の方が安くなります。

医薬品の輸入代行サイトでは購入数が増える程お得になることが多く、2錠、3錠といったように1度に同製品を複数購入すると1個単価が少し安くなります。輸入代行サイトは数多く存在し、場所により価格設定やサービス内容は異なるため、信用性が確認できる中から利用するサイトを選びましょう。注意点として相場より安価過ぎるサイトは信用性に欠けるため、薬品説明や運営年月の記載がしっかり行えている輸入代行を利用してください。